歯周病回避その1

げんごろう歯周病の回避その1
歯周病のメカニズム。
私達が食事をすると食べカスが口の中に残ります。
口の中には複数多数の細菌が生息し活動致しております。
細菌の中には食べカスをエサとして、こまった事にどんどん繁殖して行く者もいます。
この食べカスと細菌とでプラークと言う細菌の固まりに成長して、このプラーク中が歯周病菌の絶好の住み家となります。
ですから食べカスと住み家が無いと歯周病菌は増えて行かない事となります。
歯周病菌は初期の段階で歯肉炎を起こし、放置すると歯周病菌が歯グキと歯の間に更に大きな住み家(ポケット)を作って行きます。
やがて住み家(ポケット)の中にいる歯周病菌に、歯を支えている歯グキや骨を溶かされて歯が抜け落ちて行く運命となります。
食べカスに間借りをさせてプラークに母屋を乗っ取られる事になります。
決して初期の歯肉炎を軽率に考えてはいけません。
歯肉炎と歯周病は紙一重と考える事は決して間違えではありません。

ですから食べカスやプラークは溜まっていないか、住み家(ポケット)は無いか、又食べカスの溜まりやすい環境では無いか、定期的に歯科医院で点検をして頂く事が大切です。
食べカスは時間をかけて必ずプラークに変化します。プラークに汚染されない強い歯肉も歯科再生医療では可能な治療とされていますが、先ずプラークを貯めない意識と行動こそ大切です。
                           

ジアズクラブ研究会
                               広報担当

歯周病、インプラント、ジアズクラブ研究会、東京・銀座、小野善弘責任指導