健康の中で歯の順番とは・・・

多忙の連続で現役時代を過ごされ方々・・・・。コスモス1
定年を迎え第一線を退き第二の人生をとお考えの方も多い事と思います。しかし特に男性は身体の手入れが後回しにされ、結構あちらこちらにガタついてきてはいませんか。
特に「歯」!・・・後回しにされがちな身体の部分のひとつです。
それは大きな間違いです。
なぜなら思い切って歯の手入れをきちんとしないと、やっとご自分の自由な人生と思っても数年で「あれよあれよと」自分の歯を失ってしまいます。(失った弊害は後ほどに致しますが・・・。)

日本歯科医師会は8020運動を展開致しております。
80歳で20本の歯で元気にあってほしいと願っての事です。
現在60歳前後の方で20本の歯を残していると言われておりますが、80歳までその20本を残す自信はありますか。しかし私達はただ20本残っていれば良いとは思っておりません。
どの様な状コスモス2態でどの部位に20本以上残っているかを問題にしております。歯の点検は定年からでは遅すぎます。人生の最終章は折り返した時から始まっています。
ジアズクラブのメンバーは皆様の第二の人生も健康で歯を大切に考えていただける方々のお手伝いを真剣に致したいと願っております。 

ジアズクラブ研究会                                         
           代表理事 小野 善弘

                                                     

                                                                                                                                                                                  

歯周病、インプラント、ジアズクラブ研究会、東京・銀座、小野善弘責任指導