歯科再生医療

a歯の天使.gif虫歯や歯槽膿漏などで失った歯肉や骨・歯を再生するという、最新の再生医療技術です。

歯科再生医療1.gif歯の治療で『再生』という言葉を聞いて、驚かれますか?

歯は、ほとんどが無機質でできていますので、再生を起こすような細胞は含まれておりません。

しかし、歯の根の部分の歯槽骨・歯根膜・セメント質、そして歯肉など、それぞれ組織を作る細胞から出来ており、特殊な方法でその細胞を増やすことが出来ます。

生体組織工学の進歩により、失われた歯周組織の再生が可能となってきました。


a歯の天使.gif歯科治療で、そのような部分が再生療法に応用されているのか?

大きく分類すると、以下のようになります。

@歯周病で骨の形が垂直的に溶けている場合

(例1)

 image.gif

A歯と歯槽骨の再生

歯科再生医療3.gif 

 

B歯周病であごの骨がやせてしまった骨の再生

歯科再生医療4.gif

サナスリフト法

上あごの空洞部分(図のオレンジ色の部分)に、外から穴を開け、移植骨など使って詰めます。

骨がしっかりと固定すれば、インプラントの埋入が可能になります。

 

 

 

 

C失くした歯の代わりにインプラント

歯科再生医療5.gif

まず、歯がなくなった部分に、人口の金属の歯根(インプラント体)をあごの骨に埋め込みます。

インプラント体の安定を確認した後、その上に人工の歯を被せて、自分の歯のように『しっかり噛める』ようにする治療です。

インプラント体が安定するまで、ある程度時間を必要とします。

歯科再生医療6.gif

▲このページのTOPへ

歯周病、インプラント、ジアズクラブ研究会、東京・銀座、小野善弘責任指導