歯周病について

歯周病について

〜歯を失ってからでは遅いのです〜

a歯の天使.gif歯周病とは?

 歯周ポケット.gif

プラーク

プラークは、食べ物のカスから作られます。

歯周病は、プラークから発生するバクテリアによる細菌感染症です。

局所的な炎症の場合がほとんどといわれていますので、次のことにお気を付けください。

◆口の中にプラークをためない事

◆プラークがたまりやすい部分を把握し、改善する事

プラークがたまりやすい場所は、定期的に歯科医院で診察していただき、歯磨きの際は、頭の中で歯列を想像しながらブラッシングしましょう。

また、歯周病はさまざまな病気とも関係する事が取りざたされています。

口の中だけではない怖い病気とお考えください。

口の中の細菌は、通常、バランスを保って存在していますが、不衛生だったり、免疫力が弱かったりすると、バランスが崩れ、歯周病菌が増えて発症します。

全てプラークから始まるといっても過言ではありません。


a歯の天使.gif自宅でもできる歯周病検査

見る!!

ミラー.gifご自分の口の中を常に、プラークが無いか病気かどうか考えてじっくり見ること。

お口が臭うようになったり、歯肉の部分が赤く腫れているようなら、歯周病の可能性が高いと考えられます。意外と自分のお口の中を、じっくり、すみずみまで見ていない人が多いです。

まず、歯科医院で健康状態を確認してください。図のようなミラーを使用して確認できます。(ミラーは、スーパー・薬局などでも販売されています。)

かかりつけの歯科医院で、ご自分のお口の健康状態を写真にしていただき、常に見比べることも良いかもしれません。

1か月に1度は、ご自分の口の中をじっくり3分間見ることを習慣にしましょう。

 


a歯の天使.gif30代からの歯周病定期検査

定期検査

dc.gif専門医を訪ね、プラークや歯垢を取り除くことから始めましょう。

病気の原因である歯周病菌の繁殖しにくい口の中の環境を作ることが大切です。

また、人任せではなく、ご自身で積極的に歯周病予防に取り組むことが最も大切です。

ジアズ会員の歯科医院では、患者さんの状態に合わせて十分説明することを心がけております。

▲このページのTOPへ

歯周病、インプラント、ジアズクラブ研究会、東京・銀座、小野善弘責任指導